Factoryプリンス工業についてものづくりの現場

Prince Industry SINCE 1964

ものづくりにかける想い。

ものづくりは、大量消費の時代を経て、
ユーザーが自分に合う良いものを選ぶ
そんな時代が到来しています。

プリンス工業は、そのような変化の早い時代の流れに合わせて
絶えず変化を遂げてきました。

1964年に、一本の缶切り作りで産声をあげ、
「開ける」をテーマに、
キッチン用品、自動車部品、医療器具。
幅広く社会へ貢献できる企業をめざして。

近年では、地元デザイナーと組み、
百年物語りや新たなプロジェクトにも
積極的に挑戦し続けています。

メイドインジャパン新潟をお届けします。

絶えず、時代のニーズに合わせて変化を繰り返してきた中で、
変えずに継続してきたのは、
日本の工場で、日本の職人による生産体制。

新潟三条の製品ということで、
お客様から「間違いないですね。」

これまでもこれからもずっと…
そのようにおっしゃっていただける、
上質なメイドインジャパン新潟の製品をお届けするために。

Category使用する場面から選ぶ